説明: 説明: 説明: 念力姫

「念力姫」

定価:本体1680円(税込)
刊行:2005/04/06
発売:(株)KKベストセラーズ 
ISBN:4-584-18847-5

帯文:久世光彦/和田誠
カバー写真:沢渡朔
装丁:木庭貴信

 

『念力姫』10首選

宇宙人目撃談に沸く町の八百屋のおやじが着る銀のシャツ
ランニングシャツのオヤジが中華鍋死ぬほど叩く宇宙通信
UFOにさらわれたという老人がテクノカットになりて還りぬ
耳長き転校生はテラ戦士。春になったらたしかめてくれ
風邪の日に見ている教育番組のなるほどくんの「なるほど」過剰
あの冬の祖母が無理矢理つれてきた紫パーマの女祈祷師
飛びたがる赤ちゃん鳥の前に立ちジュディ・オングが羽根をひろげる
墓場から出で来しゾンビ先生の腐臭激しき夏の教室
墓場から出で来しゾンビ先生が土葬の危険熱く語れり
墓場から出で来しゾンビ先生の肋骨(あばら)の白がやさしすぎるよ

 

帯文

「<奇>と<畸>は、ニュアンスが少し違う。笹公人は<畸人>であり、<畸才>である。<畸>は<奇>と比べて、どこか美しく壊れている。」
 久世光彦

細野晴臣さんのコメント(「朝日新聞」)